トップページ 採用情報 働く先輩インタビュー 大竹 修平(3年目・プログラマー)

ゲームを通して夢と感動を世界にとどけたい プログラマー・デザイナー・プランナー募集!

働く先輩インタビュー!

INTERVIEW

大竹 修平3年目・プログラマー

MUTANで働こうと思ったきっかけは?

もともとIT系(企業システムの開発)の会社に勤めていたのですが、よりやりがいのある仕事を求めてゲーム業界に興味を持ち始めました。

同じプログラマーという職種でも、前職はプログラムの書き方がきっちり決まっていたので、
要件を達成するための道のりに自由度があり、自身の成長を感じやすいゲーム業界は魅力的でした。

転職の際にMUTANに興味を持ち、現在に至ります。

実際に働いてみて感じたことは?

自由な会社だなあ、と思います。

勤務時間も他の企業と比べて変わっていますし、
社長との距離が近いので意見が通りやすく、やりたいことをやらせてもらえる点でもそれを感じます。
また、時期により大小様々な規模のプロジェクトに携われることは大きな魅力だと思っています。

業務外では、突発的に開催されるボードゲーム会などもとても楽しいです。

初めて携わった仕事・作品は?

初めて携わったのは「ソフィーのアトリエ」のローカライズ業務でした。

ローカライズの業務は、ゲーム全体のソースをまんべんなく見ることができたため勉強になりました。
また、先方とのやり取りが多く、社会人としての基本的なスキルも身につく良い機会だったと思います。

印象に残った仕事・作品は?

最も印象に残っている作品は「ドラえもん のび太の牧場物語」です。
一年半近くブラウニーズさんに出向し、制作していました。

現在担当している業務は?

技術的な作業もやりつつですが、プログラムリーダーとして見積もりなどの管理関係を任されることも多いです。

ゲーム制作に携わる中で、こだわっていることはありますか?

ゲームであるからには面白く遊んでほしいと思っているので、
デバッグやテストプレイをする中で気になった点は、仕様にないことでも自分から相談し、対応策がないか検討しています。

そして、ロード時間が長いのが嫌いなので、ロードを極力短くしたいと常々思いながら仕事をしています。

4
ゲーム開発にかける思い
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
制作実績
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
MUTANについて
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
採用情報
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる
詳細をみる